事実上倒産のジャパンライフに保全管理命令

02/10 17:55
磁気治療器のオーナー商法などを展開した「ジャパンライフ」に対し、東京地方裁判所が、保全管理命令を出した。
ジャパンライフは、磁気治療器を購入すれば配当金が得られるなどとうたい、高齢者などから多額の資金を集めたが、2017年12月に事実上倒産した。
今回、顧客から相談を受けている弁護団が破産を申し立てたのを受け、東京地裁は、会社の財産が散逸しないよう、保全管理命令を出した。
弁護団は、「老後の生活資金が全然なくなってしまった人で、これから、どうやってやっていけばいいのかという、大変切実な声が多い」と話した。
裁判所は今後、破産手続きに入るか決定する。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース