米軍、東アジアに重装備の特別部隊派遣へ

02/10 19:42
中国への警戒を強めるトランプ政権が、東アジアに重装備の特別部隊を派遣する計画があることがわかった。
アメリカメディアは9日、当局者の話として、国防総省が中国に対応するために、東アジアに重装備の部隊を派遣する計画を検討していると伝えた。
中国を、戦略的な競争相手と指摘するトランプ政権は、中国による南シナ海軍事化などに警戒を強めていて、アメリカ軍を強化する必要があると主張していた。
部隊の派遣は、アジアにおけるアメリカ軍の存在感をアピールし、中国をけん制する狙いとみられるが、今後、南シナ海や北朝鮮情勢が、いっそう緊迫する可能性もある。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース