羽生結弦、けさもジャンプ披露

02/13 11:44
右足のけがの回復具合が気になるフィギュアスケートの羽生結弦選手(23)が、練習を披露。復帰後初の記者会見も行った。
ようやくけがから復帰し、12日、3カ月ぶりに公の場で練習を公開した羽生選手。
金メダル最有力候補といわれながらも、その回復具合が心配されるが、13日の練習では、ウオーミングアップを兼ねて、痛めた右足でゆっくりと状態を確認するように滑る姿が見られた。
さらに、その後、ジャンプの練習を始めると、4回転トウループや4回転のコンビネーションなどを次々と決めてみせた。
けがの影響を全く感じさせない、完全復活を印象づけた。
羽生選手は「氷の感触であったり、スケートの感覚は、不安ではありました。ただ、これ以上ないことをしてきたので、何も不安要素はないです。ただひたすら今、この場所でやれることをやりたいと思っています」と話した。
悲願のオリンピック連覇へ、日本のエース・羽生結弦選手は、強い気持ちで本番に臨む。
羽生選手は「もちろん、自分の中では、クリーンに滑れば、勝てる自信はあるし、本当に思っているので、そのクリーンに滑るプログラムを何にしていくかは、これから徐々に調子を上げていく中で決めたい」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース