スピードスケート 大健闘! 日本歴代最高位

02/14 00:25
平昌(ピョンチャン)オリンピック、スピードスケート男子1,500メートルでは、日本の小田卓朗選手(25)が大健闘。
後半もスピードは落ちず、小田選手は5位入賞。
この種目、カルガリーオリンピックの青柳 徹さんに並ぶ、日本歴代最高順位となったが、小田選手は「やっぱり、目標がメダルだったので、満足できないです」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース