強風警報発令 垂れ幕・テント飛ばされる

02/14 17:02
平昌(ピョンチャン)オリンピック・スピードスケートの会場で、垂れ幕やテントが飛ばされた。
14日夜、日本の小平奈緒選手や高木美帆選手らが出場するスピードスケートの会場前。
韓国の江陵(カンヌン)市にある会場は14日、非常に強い風が吹き、午前10時には強風警報が出された。
風の強い地域では、秒速30メートル近い風が観測されていて、午後4時50分現在、ゲートは、普段は機械でのチェックが行われているが、今は、機械を安全上、横に倒しているため、係員の人たちによる目視でのチェックが行われている。
そして、テントを手で押さえる姿も見受けられた。
この会場の周辺では、ほかにも、垂れ幕が飛ばされたり、売店が安全上のため、営業を取りやめるなどの状態が続いている。
競技会場の周辺には、仮設のメディアセンターがあるが、そちらも立ち退き指示が出された。
14日夜の競技、運営面への風の影響が、非常に心配される。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース