日本女子五輪初! W表彰台の快挙

02/15 06:05
平昌(ピョンチャン)オリンピック、スピードスケート女子1,000メートルで、小平奈緒選手が銀メダル、高木美帆選手が銅メダルを獲得した。オリンピックで日本の女子選手が、個人種目で同時に表彰台に上るのは、史上初の快挙。
先に登場したのは、2日前に1,500メートルで銀メダルに輝いた高木選手。
そして、この種目の世界記録保持者・小平選手。
小平選手は、2位で銀メダルとなった。
地元・長野・茅野市では。
小平選手のおばは「心臓が止まりそうだったけど、止まらなかった。夢中で応援した」と話した。
また、高木選手も銅メダルを獲得し、オリンピックで日本女子初となるダブル表彰台となった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース