漫画無料公開に絶賛の嵐

10/12 18:20
「読んだけれども泣いてしまった」、「作者と出版社に拍手」、「すてきな社会貢献ですね」と、ある漫画の無料公開に絶賛の嵐。

人気医療漫画「コウノドリ」。

産婦人科医が、妊婦や出産と向き合うストーリーで、俳優の綾野剛さんが、テレビドラマの主演を務めたことでも話題を集めた作品。

2018年、首都圏の成人男性を中心に風疹の流行が目立っていることを受けて、講談社の「コミックDAYS」が、スマホアプリやウェブサイトで、「コウノドリ」の風疹エピソードを緊急無料公開することになった。

国立感染症研究所によると、2018年のこれまでの患者数は952人で、すでに2017年の患者数93人の10倍以上。

流行は、30代から50代の男性が中心になっている。

その理由は、風疹の定期予防接種が、1995年3月まで女子中学生だけが対象だったことなどがある。

子どものころ、定期接種を受けていない世代の男性は、免疫がない人が多いという。

そのため、2015年には、ドラマ版で主演を務めた綾野さんが厚生労働省を訪問。

風疹について、理解を広める企画に取り組んだこともあった。

そして今回、風疹の流行を受けて無料公開された漫画では、風疹が妊婦にもたらす影響や、予防接種で防げるにもかかわらず、風疹のワクチン接種が広まらない現状を訴えている。

今回の無料公開について、作者の鈴ノ木ユウさんは、ツイッターで「お時間の空いている時間に読んでいただけると、すごくうれしいです」とコメント。

インターネット上では「読んだら泣けた。自分がワクチン打ったか確認してくる」、「風疹は子どもの病気と思っている人が多い。ぜひ、皆さんに読んでほしい」、「予防接種受けたのに抗体作れなくて、おびえながら妊婦生活送ってる身としては、早く義務化してほしい」など、反響が広がっている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング