小惑星のかけら? 「火の玉」目撃相次ぐ FNNカメラもとらえた

10/19 11:39
北海道・函館の美しい夜景の上空から、ゆっくりと斜めに降りてくる光の玉。

18日午後8時56分ごろ、FNNのお天気カメラが映像をとらえた。

この光は、北海道の広い範囲で目撃されていて、札幌市青少年科学館の奥塚哲史学芸員によると、小惑星のかけらなどが大気圏で燃え尽きる際に光る「火球(かきゅう)」とみられ、「地上に落ちる前に燃え尽きたのではないか」と話している。

(北海道文化放送) (北海道文化放送)

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング