【独自】品川駅西口駅前広場こうなる CGイメージ入手

10/22 12:00
現在の東京・品川駅西口の様子。この場所が、ガラリと生まれ変わる。

2027年、リニア中央新幹線の開業前後に合わせて開発が検討されているCGイメージを入手した。

目指すのは、道や駅、街が一体となる次世代型の交通ターミナル。

品川駅西口の前を通る国道の上に立体的に広がる空間。

人々が行きかう中、最先端の自動運転車が走り、駅からスムーズに移動できる。

国土交通省が制作した品川駅西口前を開発した将来のイメージでは、駅前を走る国道の上に街を立体的に配置し、増加が見込まれる利用者の混雑緩和が狙い。

京急電鉄広報部・菊池哲也氏は、「商業施設、オフィス、ホテルなどを配置し、現在の3倍規模の複合施設の開発を目指している」と述べた。

国交省は、2027年のリニア中央新幹線の開業予定前後に合わせて、周辺の再開発を検討していて、民間事業者などとの検討会を来週開催する方針。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング