片山大臣、総額1,100万円の損害賠償求め「文春」を提訴

10/22 19:15
片山地方創生担当相は、口利き疑惑を報じた「週刊文春」の発行元である文芸春秋を相手取り、総額1,100万円の賠償を求めて、東京地裁に提訴した。

18日発売の週刊文春は、2015年、税務調査の問題を抱えていた会社経営者が、片山氏側に100万円を振り込み、片山氏本人が依頼に応じて、国税庁関係者に電話したと報じた。

しかし、この記事について、片山氏は、訴状で「全くの虚偽であり、そのような話をしたこともないし、100万円を受け取ったこともない」などと、全否定している。

片山氏側は、「記事は虚偽で、かつ著しく名誉を傷つけるものである」として、文芸春秋に対し、総額1,100万円の損害賠償を求めて、22日、東京地裁に提訴した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング