規定の2倍...時速140km近くで走行か 台湾列車脱線事故

10/23 00:45
脱線した特急列車は、時速140km近くで、現場のカーブを走行していた可能性が出てきた。

台湾北東部の宜蘭県で、21日、特急列車が脱線した事故では、これまでに18人が死亡し、190人が重軽傷を負った。

地元メディアは、事故原因について、当局がカーブでの速度オーバーで、事故当時の速度は、規定の2倍に近い、時速140km近くだったと明らかにしたと伝えている。

一方、鉄道当局は、事故が発生した時、列車の速度などを自動的に制御する、ATPと呼ばれるシステムが作動していなかったことを明らかにしている。

人為的に切られた可能性もあり、当局が事故との関連を調べている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング