トルコ報道官「残虐な殺人明らかにする」 エルドアン大統領が発表へ

10/23 11:46
トルコにあるサウジアラビア総領事館でジャマル・カショギ記者が死亡した事件で、エルドアン大統領は日本時間23日夕方、声明を発表する。

くわしい捜査結果が明かされるかが、最大の焦点となる。

エルドアン大統領の声明発表に先立ち、トルコ大統領報道官は「残虐な殺人を明らかにする」と強調したが、サウジ側はこれまで、「記者は、口論から殴り合いになり死亡した」と説明している。

大統領の声明で、記者死亡までの音声記録など、サウジの発表にはなかった内容が明かされるかが焦点。

また、カショギ記者が行方不明になった翌日に撮影された総領事館の映像では、職員らが、書類のようなものを燃やしている。

トルコ当局もこの映像を把握し、証拠隠滅作業の可能性など、事件との関連を捜査しているとみられる。

一方、サウジでは日本時間23日夕方、国際的な投資会議が始まる。

事件の影響で、出席取りやめも相次ぐ中での開催となる。

会議を主催するのは、事件への関与が指摘されるムハンマド皇太子で、会議の開催に先立ち、アメリカのムニューシン財務長官と会談した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング