自民・総務会メンバーに入らず 石破元幹事長の派閥議員

10/23 22:15
自民党は23日、党の意思決定機関である総務会のメンバーを決定したが、安倍首相と総裁選を戦った石破元幹事長の派閥の議員は入らなかった。

党の意思決定機関である総務会のメンバーは、派閥のバランスや各地方に配慮して選ばれるのが通例だが、23日の総務会で決定された幹部と総務、あわせて25人の中に石破派の議員は入らなかった。

自民党の加藤総務会長は、今回の人選について「派閥だけで選択しているのではない」、「もちろん自民党内で政策グループへの配慮は当然あるが、それだけでものをとらえているのではない」などと説明したが、党の憲法改正案の取りまとめを前に、安倍首相の改正案に否定的な石破派の議員を外すことで、総務会での議論をスムーズに行いたい思惑もあるとみられる。

一方で、安倍首相に批判的な村上元行革担当相は、総務に留任した。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング