第30回世界文化賞 授賞式典 レセプションには両陛下

10/24 02:54
芸術・文化の分野で優れた功績をあげた人たちに贈られる、第30回高松宮殿下記念世界文化賞の授賞式典が行われた。

平成元年(1989年)に始まり、2018年で30周年の節目を迎えた世界文化賞の授賞式典は、常陸宮ご夫妻をお迎えして行われた。

彫刻部門の中谷芙二子さん、建築部門のクリスチャン・ド・ポルザンパルクさん、音楽部門のリッカルド・ムーティさん、演劇・映像部門のカトリーヌ・ドヌーブさんに、常陸宮さまから功績をたたえるメダルが授与され、絵画部門のピエール・アレシンスキーさんは、代理の人にメダルが贈られた。

常陸宮ご夫妻は、受賞者を拍手で祝福し、出席者に笑顔で手を振り、会場をあとにされた。

また、式典に先立ち、世界文化賞の30周年を記念したレセプションが開かれ、天皇皇后両陛下が出席された。

平成元年の第1回から受賞者と交流を重ねてきた両陛下は、1人ひとりを祝福し、親しく言葉を交わされた。

ドヌーブさんは、2019年に公開される是枝裕和監督の映画で主演を務めていて、皇后さまは、「監督とは仕事がしやすいですか」などと語り掛けられた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング