レスリング2階級で金 川井が3年連続世界一

10/24 19:48
レスリングの世界選手権で、川井梨紗子選手(23)が、2年連続の金メダル。
2016年のリオオリンピックとあわせ、3年連続で世界一の栄冠。

8月のアジア大会では、金メダルゼロに終わった日本女子。

立て直しを図る世界選手権、59kg級の川井選手が、圧倒的な強さを見せた。

ポイントをリードして、さらに、相手の腰を浮かせるタックル、豪快にマットへたたきつけた。

川井選手が大会連覇を達成。

勝利の瞬間、天井を見上げ、ほっとした表情。

「連覇うんぬんではなく、勝てたことがうれしかった」と話した川井選手。

表彰台であふれる涙、東京オリンピックへ向けて再び歩み出す。

55kg級では、吉田沙保里選手の後継者と呼ばれる向田真優選手が、決勝でテクニカルフォール勝ち。
2年ぶり2度目の優勝を果たした。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング