記者殺害でムハンマド皇太子「卑劣な犯罪 正当化できない」

10/25 06:19
サウジアラビア人記者がトルコにある総領事館で殺害された事件について、ムハンマド皇太子は自らが主催する国際会議で「正当化できない」と述べたが、自らの関与には触れなかった。

ムハンマド皇太子は「卑劣な犯罪で、正当化できない」と述べた。

ジャマル・カショギ記者が殺害された事件について、ムハンマド皇太子は、「犯人を裁判所に送り、罰を下す」と表明した。

皇太子は事件への関与も指摘されてきたが、自身の関与には一切言及しなかった。

トルコのエルドアン大統領は「計画的で政治的な殺人」だと非難する声明を出しているが、サウジ側は偶発的に死亡したと主張している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング