相撲協会が暴力決別宣言

10/25 19:59
日本相撲協会の八角理事長が、都内で会見を開き、暴力決別宣言を行った。

八角理事長は、「今回、再発防止検討委員会の報告書を受けましたので、あらためて暴力との決別を宣言することにしました」と述べた。

元横綱・日馬富士の暴力問題から1年。

日本相撲協会の執行部がそろって、7カ条からなる暴力決別宣言を行った。

今後は、新たにコンプライアンス委員会も設置し、暴力根絶を目指す。

尾車親方は、「愛のムチといえども、暴力は絶対にいけないんだということを、横綱であろうが、上位の力士であろうが、きちんとそれを認識してもらうということを、粘り強く、もちろん横綱に対しても、語りかけていくということをしていく。その意識改革をやっていかなきゃいけない」と述べた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング