イノシシ捕獲わな設置開始 発見から15日目

10/26 12:19
発見から、26日で15日目。
福岡・北九州市の砂防ダムに転落した、2頭のイノシシを捕獲するため、福岡県などは26日午前から、わなの設置作業を始めた。

午前11時ごろから始まった、箱型のわなの設置作業。

そのそばでは、2頭のイノシシが落ち着かない様子で、作業員たちの組み立て作業を見つめている。

砂防ダムを管理する福岡県などは25日、餌でイノシシを誘導し、スロープから脱出させるよう試みたが、日没が近づき、救出作戦は中断し、一夜明けた26日もイノシシはダムに残っている。

箱型のわなの設置作業は、26日昼すぎには完了する見通しで、イノシシを捕獲したあとは、近くの山に逃がす方針。

(テレビ西日本) (テレビ西日本)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング