【独自】“落語好き”生かして幹事長に 進次郎節にも影響!?

10/26 18:57
10月、自民党厚生労働部会の会長に就任した、小泉進次郎議員(37)。

その進次郎氏が、11月にも、自民党議員の有志が設立する議員連盟「落語文化振興議員連盟」の幹事長に就任することが、新たにわかった。

自身のフェイスブックに、寄席に行った際の写真を載せるなど、落語好きで知られる進次郎氏。

これまで、国会答弁や記者会見でも、たびたび落語好きを公言していた。

日ごろから、移動中にも落語を聞き、間合いや聴衆との絡みを研究しているほどだという。

そこで、2017年10月、進次郎氏が、東京・練馬区の豊島園駅前で行った、衆議院選挙の応援演説を見てみる。

進次郎氏は「本当に大勢の皆さん、ありがとうございます」、「後ろの『がってん寿司』のご主人も、わたしの真後ろにいますけど、おすし大丈夫ですか? 握らなくて平気ですか?」と、軽い笑いで聴衆の心をつかむ。

続いて進次郎氏は、「この『としまえん』、わたしも一度も来たことなかったけど、そうです、豊島区じゃないけど『としまえん』」と、演説場所にちなんだネタを振ったうえで、おもむろに本題へ。

進次郎氏「今回の選挙の構図を言えば、『責任』対『無責任』の戦いです」

こうした流れるような話術も、落語を参考にしているか。

進次郎氏が幹事長を務める落語議連は、日本の庶民文化である落語を継承することを目的に設立されるもので、どんな成果をつかむことになるのか注目される。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング