絢子さま・守谷慧さん 明治神宮で結婚式

10/29 14:17
高円宮家の三女・絢子さまと、日本郵船に勤務する守谷慧さんの結婚式が、東京・渋谷区の明治神宮で行われた。

29日午前9時半、高円宮邸では、守谷さんの使いが絢子さまを迎えに上がる「入第の儀」が行われた。

絢子さまは、玄関前で母・久子さま、姉の承子さまに見送られ、天皇陛下が差し遣わされた「センチュリーロイヤル」に乗り込み、28年間暮らした宮邸を後にされた。

午前10時半、髪を「おすべらかし」に結い、平安朝の装いの絢子さまは、明治神宮に到着し、出迎えたモーニング姿の守谷さんと、お二人そろって鳥居をくぐられた。

門出を祝うため駆けつけた友人に、絢子さまは、幸せにあふれた笑顔を見せ、式場となる神楽殿へと、ゆっくり向かわれた。

絢子さまの幼稚園時代からの友人・近藤祥子さんは、「装束がすごくお似合いで、お人形のようで、かわいらしいなというふうに思いました。これから、すてきなご家庭を築いていただきたいなと思います」と話した。

結婚式は午前11時半から、95歳の祖母・三笠宮妃百合子さまや、母の久子さまなど皇族方のほか、両家の親族などおよそ30人が参列して行われた。

このあと、お二人は、報道陣のインタビューに応じられた。

守谷慧さん
「きょうという日をこのような形で迎えることができまして、大変有り難いことだと存じます」

絢子さま
「なんと幸せなことだろうと、かみしめています」
「二人で精いっぱい努力してまいりたいと思っております」

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング