周囲が明かす“結婚エピソード” 絢子さまに“祝福の声”

10/29 19:19
高円宮家の三女・絢子さまと守谷慧さんの結婚式が、東京の明治神宮で行われた。

式のあとには、お二人そろって取材に応じ、理想の夫婦像について明かした。

29日、東京・代々木の明治神宮で行われた高円宮家の三女・絢子さまと、日本郵船に勤務する守谷慧さんの結婚式。

午前9時半。
高円宮邸では、守谷さんの使いが絢子さまを迎えに上がる「入第の儀」が、父・高円宮さまの肖像画が見守る中、行われた。

玄関前で、母・久子さま、姉の承子さまに見送られ、天皇陛下が差し遣わされた「センチュリーロイヤル」に乗り込み、28年間暮らした宮邸をあとにされた。

午前10時半。
平安朝の装束姿の絢子さまが、明治神宮に到着し、出迎えた守谷さんと目が合うと、笑顔を見せ、式場となる神楽殿へ、ゆっくりと向かわれた。

式には、95歳の祖母・三笠宮妃百合子さまや皇族方のほか、両家の親族など、およそ30人が参列。

固めの盃(さかずき)や、指輪の交換が行われた。

式のあとの会見では...。

絢子さま
「明治神宮に多くの方にいらしていただき、ご祝福いただきまして、なんと幸せなことなんだろうとかみしめております」

小袿(こうちぎ)に長袴(ながばかま)姿の絢子さまを目にした守谷さんの感想は...。

守谷さん
「こういう衣装をされるということは、聞いてはおりましたけれども、実際に拝見するのは初めてだったので、非常に美しいなと思いました」

絢子さまが12歳の時に亡くなられた、父・高円宮さま。

守谷さんが手にしていたシルクハットは、高円宮さまのものだった。

絢子さま
「父がここにいないことは、とても残念ではありますけれども、父もきっと、この結婚を喜んでくれていると思いますし、父と母のような夫婦になれるよう、努力していきますと伝えたいと思います」

そして、報道陣から指輪を見せてほしいとリクエストされると、絢子さまは、「人さまにお見せするために買ったものではございませんので、申し訳ございません」と、笑顔でかわされた。

式に参列した友人からは、祝福の声や、お二人のエピソードが語られた。

絢子さまの幼稚園時代からの友人の母・近藤すみれさん
「感動しました。もう、思わず泣きました、わたしは」

高円宮家の三女・絢子さまと、守谷慧さんの結婚式。

参列した絢子さまの友人・近藤祥子さんは、絢子さまとは、幼稚園からのおつきあい。

絢子さまの幼稚園時代からの友人・近藤祥子さん
「絢子さまが装束を着ていらっしゃったので、少し動きにくいような状態だったんですけれども、守谷さんが手を差し伸べて」

近藤さんの母で、絢子さまを幼いころからよく知る近藤すみれさん
「感動しました。もう、思わず泣きました、わたしは」

「会見の時に、テレビで拝見したあとに、絢子さまに『慧さんって、とてもすてきな方ですね』と、LINEでお声がけした時に、本当に素直に、『そうなんです! すてきな方なんです!』とお返事が返ってきたので。わたしは、『ごちそうさま』と返すしかなかったんですけど」

30日は、皇太子ご夫妻など皇族方や、安倍首相らを招いた披露晩さん会が、都内のホテルで催される予定となっている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング