パリでニッポンの味 期間限定で駅弁販売店

10/31 12:36
フランス・パリで、「駅弁」が登場。

パリのリヨン駅に期間限定で登場したのは、小さな駅弁の販売店。

地元の食材を利用するという駅弁の特徴を意識して、フランスやヨーロッパの食材が使われている。

客は、「日本に行った時に食べたことがある。いろいろ種類が多くて、日本の名物も入っているし、食文化が違うので、ここに残ってくれればいいのに」と話した。

駅弁は、11月いっぱい販売される。

このイベントは、日本の文化をフランスに紹介する「ジャポニスム2018」の一環で行われているもの。

日本でも人気のある新幹線型の弁当箱のものや、ベジタリアン向けの“野菜弁当”など、全部で7種類の駅弁が楽しめるという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング