機長が「飲酒」体調不良 全日空機が遅延

10/31 18:42
全日空は、子会社の機長が飲酒で体調不良になり、運航便を遅延させたと発表した。

全日空によると、子会社の40代の機長が、24日午後5時から午後10時ごろまで、沖縄・石垣市の飲食店で、ビールやハイボールなど6杯飲酒したところ、翌日、体調不良になり、運航便に乗務することができなくなったという。

機長が交代することにより、午前8時10分発の石垣発沖縄行きの便など計5便が、最大で58分遅延して、619人に影響が出た。

全日空は、飲酒により運航便を遅延させた機長を「厳正に対処する」としている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング