トランプ氏「出生地主義」廃止検討 米生まれなら国籍付与

11/01 00:52
両親がアメリカ国籍を持たなくても、アメリカで生まれた子どもに国籍を与える制度の廃止を検討。

トランプ大統領は、アメリカのHBOが放送する番組「アクシオス」で、不法移民など両親がアメリカ国籍を持たなくても、国内で生まれた子どもに国籍を与える「出生地主義」制度を大統領令で廃止する考えを示した。

トランプ大統領は「アメリカに来て子どもを産めば、その子どもはアメリカ国民になり、85年間恩恵を受けられる。ばかげている。終わらせないといけない」と述べた。

トランプ大統領としては、中間選挙を目前に控え、不法移民対策で強硬姿勢を示し、保守層などを取り込む狙いがあるとみられる。

しかし、「出生地主義」を大統領令で廃止することは、憲法違反との指摘があり、強行すれば訴訟に発展する可能性がある。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング