“1人で五つ”近代五種の注目美女 全日本選手権

11/03 01:15
2日まで行われた近代五種全日本選手権には、東京オリンピックで期待の女子大生アスリートが出場した。

10月31日から行われている、全日本選手権。

注目は早稲田大学4年生、22歳の才藤歩夢選手。

最も得意とする1種目のフェンシングで、2位につけた。

2種目は、200メートル自由形で行う水泳。

やや苦手としているが、全体3位で次に進んだ。

そして、ランニングと射撃を交互に行うレーザーラン。

800メートル走と、的に5回命中させるレーザー射撃を4セット繰り返した。

心拍数が上がる中、冷静に的を狙うという相反する要素が求められる過酷な種目。

才藤選手は、6位でフィニッシュし、初日の競技を終えた。

そして、2日に行われた最終種目は馬術。

馬は、抽選によって決められるため、初めて対面する馬をどこまで乗りこなせるかが鍵となる。

表彰台に上がるには、ミスが許されない才藤選手。

パーフェクトで競技を終えた。

その後、上位2人の落馬により最終的に順位を3つ上げた才藤選手は3位入賞。

全日本の舞台で、初の表彰台に立った。

才藤選手は、「(近代五種の魅力は?)水泳とかランニングが苦手。ほかの種目でカバーして(上位が狙える)。やっていて大変なんですけど、見ていたら面白いと思います」、「(マイナー競技と言われているが?)一番マイナーなんじゃないか。選手が試合していても思う。身内しか応援していない」などと話した。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング