高度スキル人材 日本が最も不足 人材のミスマッチ

11/07 00:08
人材のミスマッチが、あらためて浮き彫りになった。

イギリスの人材サービス大手「ヘイズ」の調査で、企業の求めるスキルと、求職者が実際に持つスキルを数値化したところ、日本が、調査対象の33カ国と地域のうち、最も人材のミスマッチが深刻化している結果となった。

特にIT分野などで高いスキルを持つ人材の確保が難しいとされ、最も不足を示す状態「10」と、スペインやルクセンブルクに並んだ。

日本で高スキルの人材が集まらない原因として、急速な技術の進化にスキルが追いついておらず、背景には、日本の高等教育や、横並びの給与制度などに原因があるとみているもよう。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング