巨大なひよこが攻めてきた!? 謎の池田市PR動画が大反響

11/07 18:37
SNSでは「さすがは、大阪人」、「観光名所がよくわかる怪獣映画」、「最近の自治体はハジけてる」などの声が。
大阪・池田市の力作動画が話題となっている。

6日に公開されたのは、大阪・池田市が、市制80周年を記念し作った観光PR動画。

制作費は、なんと1,000万円。

池田市といえば、現在の朝ドラのモチーフでもある、世界初のインスタントラーメン「チキンラーメンの発祥の地」。

動画では、あのひよこちゃんが、巨大怪獣に大変身している。

なぜか、池田市の観光名所を次々と破壊してしまうという、ハチャメチャなストーリー。

どこかで見たことのある特撮風に手作りされたこの動画は、「攻めてる」、「バカすぎるけど好き」などと話題を集め、YouTubeでの再生回数は、4万回を超えている。

日本では珍しいウォンバットを5匹も飼育している五月山動物園の知名度を上げるため、ひよこちゃんと対するのは、これまた巨大化したウォンバット。

池田市の倉田市長も出演する、かなり自虐的なPR動画に池田市民は...。

池田市民
「(1日は楽しめないですか? 池田。)半日やねぇ〜。1日はちょっと無理じゃない?」
「子どもにはウケるやろ」

ここで、関西テレビ・坂元龍斗アナウンサーも登場。

なぜ池田市は、こういった動画を作ったのか。
自らも出演している倉田市長に聞いた。

池田市・倉田市長
「(市長、攻めましたね)きれいに収まったら、見ていただけませんので。わりと池田市の職員のノリは良いので。ここで市民が上手にノッていただいたら、池田市は間違いなく大きく再生する。そういう期待を込めて発信しています」

動画には、こんなスペシャルゲストも。

池田市に工場を持つダイハツのCMから、俳優の玉山鉄二さんも出演。

とにかく、頼れるものには頼りながら、随所に自虐を交えてPRしている。

池田市・倉田市長
「市長は、おとぼけのおっちょこちょいかわからないけど、80周年の伝統ある池田市というのは、本当に落ち着いた良い街。その真逆なところもいいじゃないですか」
「ウォンバットに赤ちゃんができたら大フィーバーですね」

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング