補正予算が成立 外国人材 攻防本格化へ

11/08 06:43
相次ぐ災害の復旧・復興費用を盛り込んだ補正予算が、7日の参議院本会議で、可決・成立した。

西日本豪雨や大阪府北部地震の復旧・復興費用など、総額9,356億円にのぼる2018年度補正予算は、7日夕方に開かれた参議院本会議で採決され、全会一致で可決・成立した。

一方、これに先立って行われた参議院予算委員会では、外国人労働者の受け入れを拡大する法案について、野党側が中身が詰まっていないなどとして、安倍首相らを追及した。

来週にも実質審議入りするこの法案をめぐり、与野党の攻防はさらに本格化する見通し。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング