横綱・白鵬が九州場所休場 右足手術の影響

11/08 12:41
横綱・白鵬が、大相撲九州場所を休場することになった。
休場は、7月の名古屋場所以来、通算10回目。

宮城野親方によると、白鵬は10月、右ひざと右足首の手術を受け、痛みが残っていることから、休場を決めた。

白鵬は8日朝、まわしを締めて稽古場に姿を見せたが、基本的な動きだけにとどまった。

宮城野親方は、「手術をして、ちょっと穴開けたもんで、それが治りきっていないから、どうしても足が痛いということで。平成最後の(九州)場所だから、出たかったんだと思うんですけど」と話した。

白鵬は、9月の秋場所で、通算41回目の優勝を果たしたが、九州場所は休場して稽古を続け、2019年の初場所には出る見通しだという。

(テレビ西日本)

(写真: 時事通信) (テレビ西日本)

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング