美容師殺害 初公判 被告の男「わたしは無実」

11/09 15:41
2016年6月、神奈川・相模原市のアパートで、女性美容師を殺害した罪に問われた男の初公判が、横浜地方裁判所で開かれ、男は無実を主張した。

無職の村上徹被告(40)は、2016年6月、相模原市内のアパートで、当時交際していた女性美容師(当時23)の首を、ひものようなもので絞めて殺害した罪に問われている。

9日の初公判で、村上被告は、起訴事実について「わたしはやっていないので無実です」と否認し、弁護側も無罪を主張した。

一方、検察側は、冒頭陳述で「交際していた女性から避けられるようになり、執着していて、殺害動機がある」などと指摘した。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング