発言撤回...また「れんぽう」 今度は「片山カレンダー」

11/09 19:09
大会マスコットが見つめる首相官邸で閣議後の記者会見に臨んだのは、桜田義孝オリンピック・パラリンピック担当相。

桜田五輪相は、「冒頭、わたしの方から発言します。6日の閣議後の記者会見において、記者から“れんぽう”議員の質疑に関して質問があり、『通告が全然なかった』と申し上げたが、これは事実上と若干違いますので、撤回させていただきたい」と述べ、発言撤回の場で、立憲民主党・蓮舫議員の名前を、またしても「れんぽう」と間違えてしまった。

始まりは、5日のこと。

桜田五輪相「“れんぽう”さんの言う通り、検討してみたいと思う」
蓮舫参院幹事長「『れんほう』です」

桜田五輪相「1,500円...、あ、ごめんなさい、1,500うぇんでございます、1,500億円でございます」

蓮舫議員の質問に、しどろもどろ。
翌日、その理由について、「全然通告がなくて何も...」と説明した。

しかし、この日の午後、蓮舫議員が“質問通告はした”と主張すると、桜田五輪相は「オリパラということで、(質問通告)ありました」と、一転して、“通告はあった”と発言を翻した。

その後、桜田五輪相が、9日の会見で謝罪することが与野党間で合意されたが、ふたを開けてみると...。

桜田五輪相は「撤回させていただきたい」、「(質問通告で)具体的な内容は出てきていないので」、「(蓮舫議員側の質問が不十分だったと言うことか?)今言った通りでございます」などと、発言を撤回はしたものの、謝罪はなかった。

記者
「発言撤回はされましたが、謝罪はされないんですか?」
「蓮舫さんのことを、また『れんぽう』さんと言ったようだが、さすがに失礼じゃないですか!」

この“れんぽう”発言に、与野党からは...。

立憲民主党・辻元国対委員長「また言ったの? 失礼ですよね。また言ったの? 信じられない」
公明党・斎藤幹事長「人の名前を正確にお呼びするのは、意見交換の基本だと思うので、注意していただきたい」
自民党議員「会見で謝りさえすればいいものを、なぜできないんだろうか」

一方で、東京オリンピックに向けた、いわば“同志”でもある小池都知事からは、「人柄は、ああいう方。『大丈夫、頑張ってください』と申し上げようと思います」とのコメントが。

その桜田五輪相、9日は、文部科学委員会にも出席。
ところが、就任のあいさつで、また...。

桜田五輪相「引き続き開催された、インドネシア2028アジア競技大会では...」
秘書官「18!」
桜田五輪相「2018アジア...」

追及の矢面に立たされる、もう1人の新閣僚、片山さつき地方創生相。
7日の巨大看板に続き、9日はカレンダーだった。

片山地方創生相は、「そのカレンダーにつきましては、“どじょうよりうなぎ”のカレンダーでございまして...」と話した。

立憲民主(会派)今井議員は、片山地方創生相の政治資金収支報告書に、「カレンダー代」として309万円が計上されていたと指摘。

もし有権者に無償で配布していれば、「買収にあたるのでは?」と追及した。

片山地方創生相「私どもの方では、すべて講演会やパーティーなど、何らかの対価関係にある方にしか配布していない」
今井衆院議員「片山事務所から直接送られてきたと(有権者は)言っているから、無償で」
片山地方創生相「カレンダー的な形状に見えるかもしれないけれども、いわゆる室内ポスターであり、部内資料であれば、それは問題ないと...」

片山地方創生相は、カレンダーではなく、“金銭価値のない広報資料だ”と主張。

しかし、両大臣への追及は、今後も続くとみられる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング