日本郵政 米アフラックへ出資 保険事業を強化

12/20 00:29
日本郵政が、生命保険事業の強化に向け、アメリカの保険大手「アフラック・インコーポレーテッド」に出資すると発表した。

日本郵政・長門社長は、「相互の信頼関係をより強化し、ともに成長していく、ウィンウィンの関係を一層、深堀りしていく」と話した。

日本郵政は、「ゆうちょ銀行」と並ぶ、大きな収益源の保険事業を強化するため、アメリカの「アフラック・インコーポレーテッド」の株式7%程度を、およそ2,700億円で取得し、4年後をめどにグループ会社とすることを目指すという。

今後、新商品の開発を強化するほか、株取得による配当などで収益の拡大を狙うが、経営陣の派遣など、経営への介入はしないとしている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング