米司法省、中国人ハッカー起訴

12/21 06:27
アメリカ司法省は20日、アメリカの政府機関や日本を含む世界各国の企業から機密情報を盗んだとして、中国政府と関係のある中国人ハッカー2人を起訴したと発表した。

起訴されたのは、中国国家安全省につながりがあるとされる中国人ハッカー2人。

2人は、サイバー攻撃を通じて、海軍やNASA(航空宇宙局)など、アメリカの45以上の政府機関や企業から情報を盗んだという。

また、日本をはじめ、少なくとも12カ国の企業も標的になったとしている。

ローゼンスタイン司法副長官は、「中国は、2015年にサイバー攻撃を行わないことで合意したのに、それを破った」と非難している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング