マティス国防長官 2019年2月辞任 トランプ氏と関係決裂

12/21 12:05
アメリカのトランプ政権から、また1人、良識派が去ることになった。

トランプ大統領は20日、マティス国防長官が、2019年の2月をもって辞任すると、ツイッターで発表した。

マティス国防長官が、トランプ大統領に宛てた、いわゆる「辞表」。
トランプ大統領との溝の深さがにじみ出ている。

マティス長官の書簡には、「あなたには自分と考え方の近い国防長官を選ぶ権利がある」、「わたしが身を引く時だ」とある。

以前から、2人の溝の深さは伝えられていたが、反対するマティス長官を押し切って、トランプ大統領が、シリアからのアメリカ軍撤退を強行したことで、決裂が決定的になった。

国防総省の関係者も、「もうこれ以上、トランプ大統領に尽くせないとの心境に至ったのだろう」と話している。

これで、トランプ政権発足時の安全保障チームの主要メンバーは、全員交代することになる。

後任には、数人の名前がすでに挙がっているが、いずれにしても、トランプ大統領に「ノー」と言える人材は少なく、最後の良識派の辞任は大きな痛手となりそう。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング