花田優一さん「自分の責任は自分で」 “画家”で個展 靴受注も

12/21 20:06
「話題.com」。

元貴乃花親方の花田光司さんと河野景子さんの長男で、靴職人兼タレントの花田優一さん(23)。
先週、自身のブログで、離婚したことを明らかにしていたが、12月21日、東京・京橋で開催されている個展で取材に応じ、初めて自らの言葉で思いを明らかにした。

花田優一:
皆様にウソも真実も含めて報道していただくことで、犯罪者かスーパーヒーローになったのか、どっちかわからない気分になりますけど(笑)

-- 離婚に関して、お父さんは?

花田優一:
基本的には、自分の責任は自分でしっかりと。自分のケツは自分でふくじゃないですけど、自分の仕事で見せていくしかないなと思っております

展示・販売されている絵画は、優一さんが10代のころから描きためていたもの。
同時に、靴職人として、来年度の靴の受注も数量限定で受け付けている。

-- 自信作は?

花田優一:
これとか...19歳の時にイタリアで描いた職人をテーマに描いた絵なんですけど。(展示品は)だいたい10万円以下で販売させていただいています

靴職人とタレントの2足のわらじについて、父親の元貴乃花親方から苦言があった中、今度は“画家”として、個展を開いた優一さん。
先月には、一部報道で「靴職人」の活動でトラブルがあったことが伝えられ、所属先の芸能事務所から契約を解除されていたことも明らかになっていた。

この件については...

花田優一:
報道だけでは過激というか、行き過ぎている部分に関しては、もどかしさを感じる部分も、とても心底あります

-- 金銭トラブルもあった?

花田優一:
金銭のトラブルは、申し訳ないですけど、ございませんというのが事実で。もちろん例えば、靴、皆さんあまり今オーダーで頼まないと思うので、待つ時間によって、これ以上待つのであれば返金してというお客様がいらっしゃることも、もちろん時にはありますし、そういう時には、しっかりご対応させていただいて、こちらもやらせていただきます。自分が10代の頃にやってきた修行の部分とか、でっち上げのようなことを言われる部分に関しては、「だったら僕の靴履いてみれば」っていうのが率直な意見ですね

10月に離婚した両親については...

花田優一:
なんかこれが、とってもテレビで見ながらフフッと笑っちゃうぐらいのことなんですけど。1つ言えることは、両親が決めたことに対して、子供たちがとやかく言う立場ではないというふうな自覚を持って、兄妹3人やってきましたので、そういった部分では全然

一方で、父親の元貴乃花親方が離婚早々、写真週刊誌に美女との深夜デートが報じられた件については...

花田優一:
お父さん? でもね、僕から見てもカッコいい父親なので、もう彼女が何人いてもいいんじゃないかと思いますけどね(笑)。別に、母もとってもハチャメチャで天然で、皆様が思っている以上にゲラゲラ笑っている人なので。もう本当に、何人彼氏がいてもいいんじゃないかなとも思いますし、もし今の世間で言うと、結婚を終えたからこそできる、初めてできることもたくさんあると思うので

さらに優一さんが、離婚する前に美女との深夜の密会が報じられ、“不倫”などと臆測を呼んだことについては...

花田優一:
これで最後で大丈夫ですか? 例えばお食事に行っただけでも写真を撮られてしまうことがあるわけじゃないですか。ただ生意気かもしれないんですけど、そういうふうな、自分の一挙手一投足を少しでも取り上げていだだける方がいることはありがたいです。今後とも精進して修行して、またずーっと皆様に追いかけていただけるような存在でいるという目標も新たにできたかなと思ってますので。もしよろしければ、絵のことも取り上げていだだければと思います(笑)。定期的にこういった場所で、自分の作品を見せていく活動をしていこうと思ってますので今後ともよろしくお願いします

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング