息子が医大に裏口入学 文科省汚職 前局長が保釈

12/22 07:14
東京医科大学への不正入学をめぐって、受託収賄の罪で起訴された文科省前局長が保釈された。

文部科学省前局長の佐野太被告(59)は、私立大学支援事業の選定で、東京医科大に便宜を図る見返りに、自分の息子を不正に合格させた、受託収賄の罪で起訴されている。

佐野被告は、保釈保証金500万円を納付し、21日夜、保釈された。

関係者によると、佐野被告は起訴内容を否認しているという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング