職員が「入札情報」を漏えい 政府系の金融機関

12/25 19:59
政府系金融機関の職員が、入札情報を漏えい。

日本政策金融公庫・田中一穂総裁は、「誠に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

日本政策金融公庫は、業務のシステム開発に関する入札で、元業務委託先の職員や公庫の職員らが、富士通に対して、入札スケジュールなど、公開前の情報を漏えいしていたと発表した。

公庫は、職員らを停職や減給などの処分としたほか、田中総裁が役員報酬の2カ月分を自主返納する。

再発防止策として、業者との接触に関するルールを明確化するほか、コンプライアンス教育を徹底するという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング