津波は「山体崩壊」で発生か インドネシア

12/26 13:47
死者429人にのぼっているインドネシアで起きた津波は、山が大規模に崩れる山体崩壊で発生した可能性があることが、国土地理院の分析調査でわかった。

日本の地球観測衛星「だいち2号」が撮影した衛星画像では、左の噴火前の画像では火口が確認できるが、右の画像では火口が見当たらなくなっている。

国土地理院が、この2枚の画像を分析した結果、津波の発生したスンダ海峡にあるクラカタウ島で火山が噴火し、山が大規模に崩れる山体崩壊が起きた可能性があることがわかった。

山体崩壊で大量の土砂が海に流れ込み、津波を引き起こした可能性もあるという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング