朝から大雪 路面凍結も 自動車ノロノロ

12/28 12:00
今シーズン一番の寒波が来襲し、北日本の日本海側と北陸を中心に荒れた天気になっている。

30日まで雪が降り続くところもあって、影響が長引くおそれもある。

山形市の午前11半現在は、パラパラと雪が降る程度で小康状態となっているが、JR山形駅前の午前8時ごろは、非常に強い雪が降っていた。

27日から降った雪は歩道にも降り積もり、道行く人は、滑らないように1歩1歩、慎重に踏み出していた。

駅に向かう人に話を聞くと、「正直ことしは雪が少なかったので、油断をしていたけれども、いきなり来たので戸惑っている」といった声が聞かれた。

車道は、27日まで雪が全く降っておらず、積もっていなかったが、27日から降った1晩の雪で、路面は白く染まっている。

JR山形駅前から車で15分ほどの距離の間だけでも、タイヤをスリップさせたり、ハンドルを取られている車が何台か見られた。

それほど路面がつるつるな状態で、非常に運転には注意が必要な状況。

小康状態の雪だが、このあと30日までは断続的に降り続くため、警戒が必要となる。

(さくらんぼテレビ) (さくらんぼテレビ)

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング