寒さに負けず元気な声 あの人は恒例“初蹴り”

01/03 16:43
三が日最終日の3日、冬晴れの中に、元気な子どもたちの声が響き渡った。

夜明け前の海岸に響く、威勢のいいかけ声。

小雪舞う青森市で3日朝、地元の道場が空手の初稽古を行った。
極寒の海で、突きを繰り返し、身を清める。

中には、あまりの寒さで泣いてしまう子どもも。

参加者は、「怖かった」と話した。

少年サッカーチームの初蹴りには、自民党の小泉進次郎議員が参加。

2018年の総裁選では、石破元幹事長支持を表明し、東京・永田町に波紋が広がった。

地元の子どもたちを前に、小泉議員は、「みんな人と違っていいんです。ぜひ、亥(い)年の年に“異なる”という“異年”だということをどこかで思い出して」と述べた。

一方、大分・竹田市で開かれたのは、新春恒例のたこ揚げ大会。

およそ50人の子どもが、2019年のえと「イノシシ」の絵などを描いたオリジナルのたこを揚げた。

子どもたちは元気に走り回り、手作りのたこを青空に泳がせていた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング