ゴーン容疑者、8日に出廷へ 英語で無罪訴える予定

01/05 01:14
日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者が、8日に東京地裁が行う勾留理由を説明する手続きに出廷することになった。

2018年12月、特別背任の疑いで再逮捕されたゴーン容疑者は、1月11日までの勾留延長が決まっているが、ゴーン容疑者の弁護士は勾留理由を明らかにする手続きを請求し、東京地裁は手続きを8日午前10時半から行うと決めた。

ゴーン容疑者は弁護士に対し、「会社に損害を与えていない。自分の考えを伝えたい」などと話していて、8日は自ら出廷し、英語で無罪を訴える予定。

2018年11月の最初の逮捕以来、ゴーン容疑者が公の場に姿を現すのは初めてとなる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング