西日本豪雨からきょう半年 各地で追悼

01/06 18:08
2018年の西日本豪雨災害から半年を迎えた6日、113人が犠牲になった広島県では、各地で追悼行事が行われた。

広島市安芸区の被災した団地には献花台が設けられ、住民など数十人が花を手向け、犠牲者の冥福を祈った。

この団地では、砂防ダムを乗り越えた土砂などが住宅を襲い、5人が犠牲になった。

被災者は、「孫が亡くなったということもあり、(気持ちは)あの時と一向に変わらない。おそらく3年か5年、もっとかもしれない。死ぬまでかもわからん」と話した。

2018年7月の豪雨災害では、広島県内で、これまでに113人が死亡、5人が行方不明になっている。

(テレビ新広島) (テレビ新広島)

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング