各地で「どんど焼き」 ところで「どんど」って?

01/06 18:22
静岡県で、正月飾りなどをたき上げる「どんど焼き」が行われた。

しめ縄などの正月飾りや書き初めを燃やす、お正月の伝統行事「どんど焼き」。

集まった人たちは、火を囲んで、2019年の無病息災を祈っていた。

創立1,300年を超える東京・鳥越神社に聞いたところ、「どんど焼き」は「尊いものを焼く」という意味で、「尊い」が転じて「どんど」や「とんど」になったという。

ちなみに、島根県では、こんな「とんど」も。

こちらは「墨付けとんど」。
墨をつけられると、1年間風邪をひかず、海難に遭わないように、魔よけの意味もあるという。

「どんど焼き」は元々、平安時代の宮中行事で、各地で行われている。

(テレビ静岡)
(山陰中央テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング