「出国税」きょうからスタート 1人1,000円代金上乗せ

01/07 06:27
日本を出国する人から1人1,000円を徴収する国際観光旅客税、いわゆる「出国税」が7日から始まる。

出国税は、国籍を問わず、飛行機や船舶で日本を出国する人から、1人1,000円を徴収するもので、7日以降、チケットを購入すると、代金に上乗せされる。

2歳未満の乳幼児や、天候の急変などの理由で日本に緊急着陸した人や、乗り継ぎ便の旅客などは対象外。

2019年度の税収は、およそ500億円を見込んでいて、快適に旅行ができる環境の整備や、日本の魅力発信などに使われることが決まっている。

具体的には、出入国手続きを迅速化するための顔認証システムの増設や、多言語案内板の設置などが進められる予定だが、一方で、有識者らによって、無駄遣いがチェックされる仕組みもある。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング