サッカー ルーニー選手を逮捕 世界的スター「酩酊で悪態」

01/07 19:24
サッカー界の世界的スター、ウェイン・ルーニー選手(33)を逮捕。
きっかけは、またお酒だった。

オレンジの服を着て写真に納まる人物は、サッカー元イングランド代表のウェイン・ルーニー選手。

2018年12月、アメリカ・ワシントン郊外のダレス国際空港で逮捕されていたことがわかった。

現在33歳のルーニー選手は、17歳でイングランド代表としてデビュー。

代表引退までに、歴代最多となる53ゴールを挙げ、あのデービッド・ベッカム元選手とも、チームをけん引しあってきた名ストライカー。

2018年、アメリカのプロリーグ、D.C. ユナイテッドに移籍。

当時、ルーニー選手が、アメリカの空港に降り立つと、大勢のファンが空港でお出迎え。

しかし、これまでのお騒がせ行為から、「問題児」との異名も。

2016年と2017年には、飲酒による問題を起こしている。

そして今回の逮捕も、原因は「お酒」。

イギリスBBCによると、サウジアラビアから戻る飛行機の中で、睡眠薬を服用したうえ、アルコールも摂取したというルーニー選手。

その結果、酩酊(めいてい)状態になり、公衆の面前で悪態をついていたところを逮捕された。

3年連続で、飲酒騒動を引き起こすことになったルーニー選手。

すでに25ドル、日本円でおよそ2,700円の罰金を支払ったということだが、当人からのコメントは出されていない。

(写真: AFP=時事)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング