金正恩委員長 4回目の訪中か “北朝鮮要人列車 境界の街通過”

01/08 06:17
韓国メディアは、7日夜、北朝鮮要人の列車が厳重な警備体制の中、中朝境界を通過したと報じた。

金正恩(キム・ジョンウン)委員長が訪中し、習近平国家主席と4回目の首脳会談を行う可能性がある。

韓国の聯合ニュースは、7日夜、中国の公安当局が厳重な警備体制を敷く中、北朝鮮要人の列車が中朝境界の街・遼寧省丹東を通過したと伝えた。

丹東の地元関係者は、FNNの取材に対し、7日夜、中朝境界にかかる鉄道の橋周辺の警備が強化され一時、立ち入り禁止となり、その後、解除されたことを確認した。

こうした動きについて韓国メディアは、2回目の米朝首脳会談に意欲を示す金委員長が習主席と首脳会談を行い、中朝の連携を示すためとの見方を報じている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング