新年恒例「福男選び」で100人疾走 注目の一番福は?

01/10 11:57
兵庫県の西宮神社で、新春恒例の「福男選び」が行われ、参加者が「一番福」を目指して、参道を駆け抜けた。

10日午前6時、開門のかけ声とともに、1,500人の中から抽選で選ばれた、およそ100人の参加者が、一斉に走りだした。

230メートルの参道を駆け抜けるが、中には転倒する人もいた。

見事に「一番福」をとったのは、広島・福山市の消防士・山本優希さん(22)。

一番福・山本優希さんは「すごくうれしい気持ちでいっぱいです」、「(どんな福を授けたいか?)皆さんが、1年間笑顔で過ごせるような福を授けたいです」と話した。

山本さんは、2018年の西日本豪雨で、消防士として救援活動をしていて、「この1年、災害がないことを願ってます」と話していた。

(関西テレビ) (関西テレビ)

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング