保険の過少給付は数百億円規模 「毎月勤労統計」

01/11 00:36
厚生労働省が公表している「毎月勤労統計」の調査が不適切だった問題で、この統計をもとに算定される、雇用保険や労働者災害補償保険などが少なく支払われており、その総額が、数百億円規模に上ることがわかった。

「毎月勤労統計」の調査において、東京都で不適切な統計が行われていたことが発覚した。

大企業の調査数が本来より少なかったことにより、平均賃金などの数値が低く設定されていたことが判明、統計を基に算定される雇用保険や労災保険などが、本来の額より少なく支給されていた。

過少給付の総額は、数百億円に上るとみられている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング