国家非常事態宣言で壁建設強行へ トランプ氏 協議不調なら

01/11 12:25
アメリカのトランプ大統領は、メキシコ国境の壁の建設をめぐる野党との協議が不調に終われば、「国家非常事態」を宣言する考えを示した。

トランプ大統領は、「協議がうまくいかなければ、国家非常事態を宣言するだろう。ほぼ確実だ」と述べた。

トランプ大統領は10日、テキサス州を訪れ、国境警備隊などを視察したほか、違法薬物などの押収物を前に、あらためてメキシコ国境には壁が必要だと訴えた。

トランプ大統領は、野党・民主党との協議が不調に終われば、国家非常事態を宣言し、壁建設を強行する考えを示しているほか、この問題に対応するため、1月にスイスで開催されるダボス会議への出席を取りやめることを明らかにした。

国境の壁をめぐっては、与野党の対立で予算審議が進まず、政府機関の一部は閉鎖が続いている。

政府機関職員は、「政府機関閉鎖は受け入れられない。無給で働く職員を傷つけている」と話した。

ワシントンでは、10日、出勤できずにいる連邦政府の職員たちが抗議デモを行い、政府機関を即時再開するよう強く求めた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング