ゴーン容疑者を追起訴 弁護士が保釈請求

01/12 01:25
東京地検は、特別背任容疑で再逮捕された日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)を追起訴した。

ゴーン被告は、私的な投資の損失を日産に付け替え、信用保証に協力したサウジアラビアの実業家側に、日産子会社からおよそ13億円を支出したなどとして、特別背任の罪で追起訴された。

また特捜部は、処分保留となっていた2018年3月期までの、直近3年分の報酬を少なく記載した金融商品取引法違反の罪で、ゴーン被告と前代表取締役のグレッグ・ケリー被告(62)、そして法人としての日産を追起訴した。

これを受けて、ゴーン被告の弁護士は保釈を請求し、東京地方裁判所が、週明け以降に保釈を認めるかどうかの判断をするとみられている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング